一帆風順

旅行画像保管庫

リスボンのホテル「Duas Nacoes」

地下鉄バイシャ・シアード駅からエスカレーターで地上に出てそのまま真っすぐ進む。道路を3つほど渡ると今回のホテル「Duas Nacoes」に到着。駅から徒歩3分もかからないくらい近い。

ホテル名はポルトガル語で「Duas Nações」。読み方もドゥアス・ナソンエスとかデュアス・ナソエスとかサイトによってまちまち。とりあえずポルトガル語の文字は入力できないので基本は英語表記にする。

チェックインして部屋へ。今回の旅行では、到着して最初のリスボン3泊と帰国前の3泊(これもリスボンで別の宿)を日本で予約して行ったのだが、ここは1泊2800円か2900円くらいだったと思う。3000円もしないので多少の不安もあったがバスタブ付きで一安心。

DSC03248_20140208130103dab.jpg

角部屋でなかなかいい感じ。天井が高いのはヨーロッパらしいと言えるのかも。窓とカーテンの間の空間が異常に寒い。冷蔵庫がないので窓際に置いておくと冷蔵庫代わりになる。ただ、夜はカーテン閉めておかないと本当に寒かった。

DSC03249_20140208130105d30.jpg

浴室は特に気になる点はなかった。そう言えば今回の旅行で泊まった所すべてにビデがあった。異常に浴室が狭いのにビデがあったりするとかなり邪魔に思えてしまう・・・。

DSC03250_201402081301066f9.jpg

Duas Nacoesで一番困った点は電源コンセント。一つしかない上に、暖房器具を使わないと寒い。暖房つけてると充電ができない。充電していると寒い。これはなかなか困った。他ではなかった悩み。今回部屋で寒さに震えたのはここだけ。

Wi-Fiが有料(24時間5ユーロ)なのは事前に分かっていたのでこれは納得。

窓からの眺め。

DSC03252_2014020813171963b.jpg
この辺は常に人通りが多い場所だった。

DSC03253_2014020813172085d.jpg
こちらはすぐ行き止まりかな。

DSC03251_20140208131717710.jpg
もう一つの窓から顔を出すと通りの端まで見渡せた。

DSC03254.jpg
青空が気持ちいい。





さて、部屋で荷物を広げて着替えたりして早速外へ。どこへ行くとか考えていなかったので適当にホテルの近くから散策。晴れていても傘は持って出よう。
関連記事

スポンサーリンク

Comment

Add your comment

Latest