一帆風順

旅行画像保管庫

ナザレの宿

ナザレに着いてバスを降りると宿の客引きの老婆がいた。半ば強引に荷物を持たれてついて行く。値段を聞いても答えてくれない。インドとかなら絶対ついて行かない場面だが、ポルトガルだし都会でもないので特に問題はないだろう。
それにシーズンオフなので高くもないはず。

市場の横を通る時に明日は開いているというような事を言っていた。後でガイドブックを読むと月曜日はやっていないようだ。

市場のすぐ近くのカフェの横にどうやら部屋があるらしい。

DSC03512.jpg
ポルトガル語・フランス語・英語・ドイツ語・スペイン語で「部屋」と書いてある。

部屋は2階の一部屋。そこで料金交渉。部屋はかなり広く、キッチンなどもあって長期で暮らせそうなほどだが、35ユーロと言われたので渋る。すると30ユーロになった。でもそれ以上は無理なようなので30ユーロで交渉成立。1泊だけだし他を探すのも面倒だしいいだろう。
それに1泊くらいはこれくらい広い所に泊まってみるのも悪くない。

DSC03504.jpg

DSC03503.jpg

DSC03505_2014031211572011e.jpg

DSC03506.jpg
バスタブ付き。

DSC03507.jpg
寝室もいい感じ。

DSC03508.jpg
ここに一人で泊まるのはもったいない気もする。

DSC03509.jpg
小さいながらもベランダ付き。奥は他の部屋で普通に住んでいる人がいるようだ。上の階も普通の住人で洗濯物を干していた。

DSC03510.jpg

IMG_0334_20140312115745cf2.jpg
寝室のベランダ。

IMGP8805.jpg
チェックアウトの時は隣のカフェAVENIDAに鍵を返せばいいらしい。ネットも無料で快適だった。
建物の入り口と部屋とそれぞれ自分で鍵を開けないといけないけど、暮らしている気分で滞在できるので長期だと快適そう。

さて、ナザレの町を歩こう。

IMGP8806.jpg
すぐに海が見えた。
関連記事

スポンサーリンク

Comment

Add your comment

Latest