一帆風順

旅行画像保管庫

さよならPENTAX

ペンタックスの機材一式を売却してしまった。ミレーレスの軽さと写りに満足できているので重い一眼レフはもうやめようと思ったので。
IMGP0154.jpg
ペンタックスK-rを買った直後に撮ったもの。キットレンズのボケを楽しんでいた。

最初にキヤノン、ニコン、ペンタックスで迷ってペンタックスK-rを選んだのは確か持ちやすさと操作性だったか。ニコンは当時背面液晶が23万ドットで見づらくてやめた。
キヤノンは何かが合わなかったんだと思う。

それから間もなくして防塵防滴のK-5が出て、いてもたってもいられずすぐに買った。今思うとものすごく高いけどどうしても欲しかった。
購入後はしばらく使いこなせていなかったと思う。K-rの方が気軽に楽しめていたのかも。とは言え満足度は高くそれからずっとK-5で色々撮ってきた。K-5と共に訪れた土地も数多い。

レンズもいくつか買った。最初は確かDA70mmリミテッド。小型軽量で望遠レンズの代わりにしたかったのかもしれない。なかなか使いこなせなかった記憶。でもずっとお気に入りのレンズだった。
DA35mmマクロリミテッドも買った。このレンズ以降キットレンズはほとんど使わなくなったかも。外観も描写も何もかも好きだった。今でもこのレンズよりカッコいいレンズは他にないと思う。
その後DA50-200mmWRも買った。なるべく安価で軽い望遠レンズが欲しかった。このレンズでは望遠の楽しさを味わうことができた。
2本の単焦点レンズの思い出はやはりポルトガル。思う存分満足できるものを撮れた。望遠レンズは祭りやスポーツ撮影で活躍してくれた。

ペンタックスのカメラボディは何度も買い替えを検討した。K-S2やK-70は結構悩んだ。この頃はもう背面モニターが可動式であることを望んでいたので。しかしそれ以外の部分で不満があって買い替えは見送り。KPも悩んだけどタッチパネル非搭載という点が不満で見送り。
結局ペンタックスから離れる決断をした最大の理由はタッチパネルを代表とする新しい機能への不満があったからなのかもしれない。

K-1に関しては、フルサイズのレンズの大きさが受け入れられず日常的に使えるとは思えなかった。

色々と思い出や思い入れのあるペンタックスだけど、しばらく離れてみる。またペンタックスに戻る可能性もあるけど、その時はDA18-135mmで使うつもり。その時が来るのかどうか今は分からない・・・。

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ダブルズームキット (ブラック) PENTAX K-S2 WZOOMKIT (BLACK) 11612PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ダブルズームキット (ブラック) PENTAX K-S2 WZOOMKIT (BLACK) 11612
Not Machine Specific

リコー
売り上げランキング : 15565

Amazonで詳しく見る
関連記事

スポンサーリンク

Comment

Add your comment

Latest