一帆風順

旅行画像保管庫

饒河街観光夜市

ホテルに戻って買い物したお茶を部屋に置いて少し休憩してから再び外出。中山駅からMRTで台北駅へ。ここから今度は台鉄で松山駅へ向かう。
台鉄もイージーカードで改札を通れた。とりあえず松山駅など近隣の主な駅ではイージーカードで問題ないようだ。ただ、自強号などの特急みたいなのは乗れないっぽいので窓口で聞いた方が確実かもしれない。

さて、事前にあまり調べて来なかったのでどこ行きに乗ればいいのかなど分からないことだらけだったが、漢字なので何となく分かって無事に乗れた。松山駅で降りてからも人の流れに従って歩いて行くと饒河街観光夜市にすぐに到着。

IMGP0494-2.jpg
夜市の入り口のすぐそばにある慈祐宮。

さあ、饒河街観光夜市を歩いてみよう。
IMGP0499-2.jpg

饒河街観光夜市は士林夜市や寧夏路夜市よりもかなり気に入った。人は多いが多すぎず、飲食店だけでなく、射的や金魚すくいなどもあって子供も多く縁日のような雰囲気もあった。歩いている人の年齢層も若者も多いが幅広く万人向けではないだろうか。
ここで食べた潤餅巻という台湾式春巻きと言うか台湾クレープと言った感じの物が絶品だった。
IMGP0504-2.jpg
台湾旅行で一番美味しかった物を挙げるとすればこれ。

しかし台湾は混んでいる店が多い。行列嫌いなので鼎泰豊以外では並んで食べるということはなかったが、行列のできている店こそ美味しいのだろう。

一本道なので1往復して松山駅から帰る。
IMGP0529-2.jpg
台北101も見えた。

以下、饒河街夜市のその他の画像。
IMGP0497.jpg

IMGP0502.jpg

全面的に評価の高い饒河街夜市だが、唯一思い出したくないのがこれ。
IMGP0503.jpg
今回の旅行で一番不味かった物にも饒河街夜市で出会ってしまった。麻油鶏というものらしいが、これはダメだった。

IMGP0509.jpg

IMGP0510.jpg

IMGP0511.jpg

IMGP0512.jpg

IMGP0513.jpg

IMGP0514.jpg

IMGP0515.jpg

IMGP0516.jpg

IMGP0517.jpg

IMGP0518.jpg
日本名古屋市名物らしい。福島屋のまるまる焼きというのが名古屋にあるのかは知らないけどここも結構な人気だった。
IMGP0519.jpg

IMGP0521.jpg

IMGP0522_20120321104326.jpg

IMGP0523.jpg

IMGP0524.jpg

IMGP0525.jpg

夜市を出てすぐ近くの路地。こういう所の方が落ち着く。
IMGP0528.jpg

IMGP0530-2.jpg

IMGP0531.jpg
再び台湾鉄道で台北駅へ戻る。帰りは結構混んでいた。

そう言えば東京なら迷わず乗ってくる程度の混雑でも台湾の人は諦めて次の電車を待つようだった。強引に人を押しのけて乗り込むことはしないのだろうか。台湾の人はMRTの車内などでも静かだし公共マナーの良い人が多い印象。歩きタバコは多いけど・・・。

台北駅からは中山駅まで地下街を歩いてみた。近い。新光三越がまだ開いていたのでお土産用にパイナップルケーキを購入。香港でお気に入りの奇華餅家で買った。残念ながらパンダクッキーは置いていなかったが、台湾産パイナップル使用のパイナップルケーキを買えたので満足。
そう言えば新光三越にはペニンシュラブティックも入っていた。他にも香港で見かけた店を台北でも見かけることが何度かあった。

マッサージに行ってから就寝。マッサージの効果は抜群で、1日の終りに受けておくと足がかなり楽になる。
関連記事

スポンサーリンク

Comment

Add your comment

Latest